赤ちゃんの生後1ヶ月〜2ヶ月頃に贈るのが良いとされています。 地域によっては異なりますが、ちょうどお宮参りの頃が目安です。

遅くても生後2ヶ月頃までに送りましょう。産後は何かと忙しいので、事前に送り先候補の 住所をリストアップしておくことや、誰にどういった商品を贈るか候補を絞っておくと良いでしょう。 送り先候補の方の趣味嗜好も事前にリサーチしておくと、いざ贈るときにスムーズにいくはず。



お相手によってはお返しはいらない、といわれる場合もあると思います。 それでももらったものや関係性を考慮すると内祝いを贈るべきか悩むはず。 ご両親やご親戚の場合は、自分の親族だけではなく、義実家やご親族へのお返しのこともあるので 配偶者やご両親と相談して決めることをお勧めします。もし職場の上司や目上の方の場合は、 以前出産された先輩などに聞いてみてはいかがでしょうか。



遅れてお祝いをいただいた場合は、いただいてから1ヶ月前後を目安にお返しをするのが良いです。 季節毎のご挨拶でなどで出産を報告したら、その後お祝いが届くケースも。 後からいただいたお祝いにも同様に感謝の気持ちを込め、忘れずにお返しをするようにしましょう。



育児で忙しかったり、体調が整わなかったりなど様々な理由でお返しが遅れてしまうこともあると思います。 その場合、内祝いの品をお贈りする際にお詫びの言葉を添えたお礼状を一緒に贈ると良いでしょう。 事前に連絡を入れ、遅れたことのお詫びと内祝いの品をお贈りしたことを伝えるとより良いでしょう。