のしイメージ

水引とのしを印刷した紙のことをのし紙と言います。のし紙をかけることで「改まった気持ちでお贈りする」という思いを表現することができます。
“熨斗(のし)”の由来は、昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことからきており、後に昆布や紙が代用されるようになりました。 現在は簡略化され、印刷熨斗や折り熨斗(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)を使用したのし紙が一般的となっています。

水引とは贈り物の包み紙を結ぶ紙紐のことで、基本的に本数は奇数で作られており、目的に応じて結び方も異なります。 のし紙をかける際、適していない結び方のものを選んでしまうと失礼にあたりますので注意しましょう。




のし紙を巻く際に、内のし、外のし(上のし)、という言葉を聞いたことがあると思います。



そのため、内のしですとパッとみた状態では、のしが巻いてあるかどうかわかりません。
内のしは進物を郵送で贈る際など、包装紙の内側にのしを巻くことで、のしを汚さないようにといった配慮や、 控えめにお渡ししたいと言った時に用いられます。ママびより内祝いでは、「内のし」でお送りいたします。



お祝いの水引には結び切りと蝶結びがあります。蝶結びは何度も結びなおせることから、「何度繰り返してもうれしい事」に使われます。
出産内祝いには蝶結びがふさわしい形です。結び切りは一度きりが良いお祝いに使われるため結婚祝いや退院・快気祝いなどに使われます。



出産の内祝いでは、産まれた赤ちゃんの写真付きのメッセージカードを添えるととても喜ばれます。
特に遠方に住む両親や親戚、友人など普段なかなか会えない人たちには贈り物と共に赤ちゃんの写真が届くのは会えない分、嬉しいという声が多いようです。
ママびより内祝いでは、多くのデザインの中からメッセージカードをお作りいただけます。ぜひご利用ください。