「内祝い」と「お返し」は同意義で捉えることが多いですが、厳密にいうとイコールではありません。
内祝いとはそもそも、自分の家の祝い事の記念・報告を兼ねて、親しい人に贈り物をしたり、近親者だけでするお祝いのことであったり、と「内輪で祝う」ことを指しています。

しかし、現代ではお祝いをもらった際のお返しを内祝い、と呼ぶことから内祝い=お返しのイメージが強いのかもしれません。
そのため、地域や風習によってはお祝いをせずとも、内祝いが贈られてくることも。 また、場合によっては内祝いを先に贈ることで、お祝いの催促?と受け取られてしまうこともあります。



出産内祝いを贈る時期は、正式にはお宮参りの頃(生後1ヶ月頃)。
ただ、その時期の産後のママは慣れない新生児の育児で多忙な毎日なはず。

かといって、せっかく頂いたお祝いのお返しで失敗や後悔はしたくないですよね。 そんな失敗や後悔をしない為にも事前に出産内祝いのマナーとスケジュールを把握しておきましょう。